152条

(職権による審理)

 審判長は、当事者又は参加人が法定若しくは指定の期間内に手続をせず、又は第145条第3項の規定により定めるところに従って出頭しないときであっても、審判手続を進行することができる

特許法の世界|特許法